「古物」の定義とは?

古物営業法で定義されている古物とは、
【①一度使用された「物品」、➁若しくは使用されない「物品」で使用のために取引されたもの
又は➂これらの「物品」に幾分の手入れをしたもの】
をいいます。

①一度使用された物品
 … その物品が本来の目的で一度でも使用されたもの。いわゆる中古品です。

➁若しくは使用されない「物品」で使用のために取引されたもの 
… 使用されていないが、使用を想定して購入されたもの。新品、未使用品でも古物に該当します。 

➂これらの「物品」に幾分の手入れをしたもの
…上記のものにある程度の手入れが入ったもの。例えば、中古品の鏡を磨いて販売する場合や、
一部が壊れた電化製品などを簡単な修理をして販売する場合などです。
こういったケースでも「古物」に該当します。

上記のような「古物」にあてはまるものを販売するような場合は、「古物商許可」が必要になります。
尚、自分で使っていたものをオークションやフリマアプリなどで販売するだけの場合は、古物商許可は必要ありません。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる